MENU

自分の行きたい求人に採用された

母も看護師だった

実は私の母が看護師として働いていたので、いつの日か憧れるようになり自分も働きたいと思うようになりました。
小さい頃は祖母に預けられる事も多く、母の場合は夜勤もあるような病院で働いていたので夜にいない事もあり寂しいと感じた事もありました。
しかしイキイキとして働いている姿を見ると、かっこいいなと感じるようにもなっていったのです。
そう感じたのは中学校の頃からだったので、私も看護師になれるようにと勉強を頑張りクラスでもトップの成績を取るまでになりました。
そして高校も進学校に行きそこでも勉強を頑張り、看護師の学科がある大学へと進みました。

 

別の道に迷いも・・・

大学へ進み学んでいると、助産師など少し別の道へ進める事も分かってきました。
母と同じ仕事にも憧れを持っていましたが、別の道に進む事も考え始めて悩んだ時期もあったのです。
しかし母とも話をしてみて、働いてから苦しい事もたくさんあったけれどやりがいは大きかった話を聞いて、やっぱり私も看護師になろうという気持ちを固める事ができました。
その後も勉強や実習なども頑張り、本気で国家資格も取る為に寝る間も惜しんで頑張りました。

 

自分なりに働く上で大切な事を考えた

いざ求人を探す時には、母と同じような仕事をしたいと思いました。
そして他にも自分なりにどういった部分を大切にして働きたいのか、今一度見つめ直してみたのです。
そこで思ったのがなんだかんだ言っても、お給料がしっかりしていてほしいと考えました。
患者さんの為に頑張るというのが一番の気持ちではあったのですが、自分のモチベーションを上げるには多少大変な仕事でもお給料が高いと頑張れるとも思ったのです。
ボーナスもよく見てみるとその勤務先によっては、書いてある事が大きく変わってきていたのでしっかり見る事にしました。
そしてその次に福利厚生もしっかりとした職場に働きたいと感じたので、いざ働いたらどのような特典があるのかも調べました。

 

やりがいを感じながら今も勤務中

そんなに全部が揃ったような条件の勤務先なんてないかもしれない・・・とも思いましたが、探していくと見つける事ができました。
その求人を見つけた時にこれしかないと感じたので、すぐに履歴書を準備して応募したのです。
面接でも自分が看護師としてどのように活躍していきたいのかを伝え、できる限りに自己PRを行いました。
頑張った甲斐があり就職はトントン拍子に決める事ができ、勤務先も無事に決める事ができました。
大変な事もありますが、自分が思っていた条件をクリアしている勤務先なのでやりがいも感じ今も働いています。